« 一人分 | トップページ | 珈琲 »

2009年9月 8日 (火)

フレッド・ミルズ氏

カナディアンブラスの黄金期を支えたFred Mills氏が昨夜交通事故で亡くなったそうです。

中学生の時初めて聴いた彼のピッコロの軽やかな事、Esコルネットの柔らかさ、そして常に紳士的で優しく、ウィットに溢れた演奏に魅かれました。

自分がトランペットをずっと吹きたい思ったきっかけになった方です。
何度もレコードを聴いてコンサートにも足を運びました。

直接の面識無い人に、こんな事珍しいんですが、悲しい.....
彼の音はずっと残るでしょう。


ご冥福をお祈りします。


何故かこの記事に迷惑コメントが付きますのでコメント不可にしました。
真面目な内容なのに残念です。

|

« 一人分 | トップページ | 珈琲 »

コメント

はじめまして。YouTubeの中の英語の投稿を見てえっ!?と思い、公式HPを探したら、、残念ながら本当でした。昔NHKの「音楽の広場」でこんなにもブラスアンサンブルが楽しいものだと伝わってきたのを今でも覚えています。

投稿: hongourider | 2009年9月15日 (火) 20時53分

>hongouriderさん

本当に残念です。
被害事故だった様です。
あの軽やかなピッコロをもう一度聴きたかったですね。

投稿: haru | 2009年9月20日 (日) 20時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528180/46155507

この記事へのトラックバック一覧です: フレッド・ミルズ氏:

« 一人分 | トップページ | 珈琲 »