« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

昼から本番

昼から本番
昼から本番
昨夜は夕飯をご馳走になり、豊田市街のホテルへ。
打ち合わせの電話や明日のチケット等の整理、雑務で時間を過ごす〜ホテルは心地よかったです・パレ○イン豊田。外見はこじんまりとした感じですが、部屋は同価格のホテルより広い、昨日は湿度が高くて少し寝苦しかったですが、気候じゃしょうがないですね。

芳友寺のロケーションは素晴らしい!
今は常に鶯が鳴き、他の鳥もさえずる。車の走る音すら無い。

豊田市街のホテルから来る途中の勘八峡も綺麗。ゆっくりと散策しても良いかな〜。


但し、雨が降り晴れる→高音高湿度の予感。
スタミナを奪われる〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

到着

到着
到着
到着
豊田市の富岡町にある“花の木”豊田市在住のOさん推薦の鳥料理(焼き鳥?)

朝がゆっくりで10時くらいだから半身の焼き鳥定食は止めて、肉焼定食に〜照り焼きのタレが美味しくてサクッと食べちゃいました。
焼き鳥定食にすれば良かったかな。。でもタレが食欲を増進。
東京より来られた岡田さんも合流して先ずは美味しい物から。
鉄則です(笑)

さて、雨が降った後に晴れて楽器には最悪のコンディション〜高湿度、気温高い....
慎重に臨まないとバテます。

明日の会場はお寺の本堂〜畳!

完全にアウェイですね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

明日より〜バロック・ショートツアー

明日から東海の旅の始まりです。

頑張れば通える範囲ですが、楽器の搬入での時間の不確定や移動のリスクを考えて、そして非日常に身を置く事で3日間集中を持続させようと言う目的もあり宿泊にしました。
馴れた本番なら良いんですが、バロックラッパでソロを3日間(しかも禁断の・笑・午前中あり〜本番の時間がバラバラ)なんて経験ありませんから少し慎重に。
同じプログラムでピッコロラッパなら気分的には負担が半分以下になる。(家から通います)
プログラムの中ではヴィヴィアーニが難敵〜ピッコロなら他の曲より比較的楽な方の曲ですが、何故かバロックだと難易度がアップ、逆転します。
それに、モダンだけ吹いて居た時、如何に現代語に直訳して居た事か良く判る。
今回のプログラムだと特にヴィヴィアーニ。
最初ファンティーニも候補に合ったんですが、楽譜見て音出して止めました。今の自分では音楽になりません.....これは先への課題。


楽譜は難しくない〜だからこそ音の羅列になるのは避けたい、ちゃんと物語を話したい。
綺麗に音が並ぶだけならピッコロの方が良いし(何が綺麗かは基準で違いますけどね)、バロックトランペットの良さは伝わらない。
難しい楽器、ピッコロの方が優れてると思われる演奏ではNGです。
マニアックて言葉を払拭したい。
何故この楽器を選んで演奏をするか、、、4月のコンサートでは伝わりました、でも、ラッパのコンディションはいろんな意味で左右されるし違う。
どれだけ集中して楽しめるか。。。どんな“自分”が居るか楽しみです。


以下以前と重なりますが御案内です。
特に6/1、6/2はまだ余裕があります。
HPの方からご連絡頂ければ用意致します。
よろしくお願いします!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

チェンバロ奏者の岡田龍之介 氏とデュオのコンサートを行います。
バロックトランペットやチェンバロのソロを聴いてみませんか?


出演

バロックトランペット・松野美樹
チェンバロ・岡田龍之介

■5.31. 14:00〜

『やまでら音楽会』

☆芳友寺(愛知県豊田市)

会費 ¥2000-

☆プログラム

♪プレリュード〜テデウムより 〜シャルパンティエ

♪ソナタ ニ長調 〜ガブリエル


♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バガテル
神秘なバリケード

♪組曲 ニ長調 〜テレマン


♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪ソナタ集より 〜スカルラッティ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

曲順や曲目の変更があるかもしれません。

休憩を挟んだコンサートです。

お問い合わせは“芳友寺”
0565-41-2566まで

■6.1. 11:30〜
『ランチタイムコンサート』〜バロックトランペットとチェンバロの優雅な響き

☆宗次ホール(名古屋市栄)

入場料¥1000-

プログラム予定

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク


♪組曲 ニ長調より、 〜テレマン

♪アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳より 〜バッハ
プレリュード
メヌエット
ポロネーズ
アリア

♪ソナタ 〜ヴィヴィアーニ

♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バがテル
神秘なバリケード


♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル


.

1時間位のお話付きのコンサートです。
良い響きの中で昼食前の一時をいかがでしょうか?

チケットは是非に私まで!
お願いします!!
mail、SNSのメッセージ、HPからのmail、電話、、どれでもOKです!
http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


《MoO STUDIO 主催公演》
■6月2日 18:30〜(開場18:00)
『The Baroque Music Sound in The Church』
“豊橋教会にてバロック音楽をお話と共に。”

☆日本キリスト教団 豊橋教会(0532-52-0756)
(豊橋市八町通4-67)

入場料:一般2500円、高校生以下1000円

ヴァイオリンの大竹広治さんと共にバロックトランペットとヴァイオリン(モダン)のデュオも行ないます。


お問い合わせは、
MoO STUDIO〜 090-3963-0727 〜 office@MoOSTUDIO.jpまでお願いします。(もちろん私宛でも大丈夫です)

プログラムは

♪前奏曲〜テ・デウムより 〜シャルパンティエ

♪組曲 水上の音楽 〜ヘンデル

♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バがテル
神秘なバリケード

♪ラ・フォリア 〜コレッリ

♪ソナタ 〜ヴィヴィアーニ
♪ヴァイオリン・ソロ

♪ソナタ(トランペットとヴァイオリン) 〜コルベット


以上是非いらして下さい。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

HP録音入替

HPの演奏の録音を入れ替えました。
日時も曲目も同じですが、頂いた録音の方が音が良い(比べるとエディロールで録った方が少し乾いたと言うか二次元的になる気がしました)

何故か1曲だけ入替が上手くいかずハマり時間が〜
本来はあるフォルダの中のデータを入れ替えると上手く替わるはずなのに、同じ名前だったせいか1曲だけサーバー上のデータが入れ替らずあれこれ.....ソフト上では上手くいっているのに何度やってもダメ.....一度クリアーして名前を変えたら上手くいきました。

他は上手くいったのに何故?


あ〜貴重な時間が〜。。
だから昼間やるのは危険、後の時間が足りなくなる.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

ダウン..Zzz〜何回目?

ダウン..Zzz〜何回目?
昨日?(一昨日か?)の夜は三重ラッパの久しぶりの練習。

来年に向けて曲を選ぶ為に端から音出し。
単独の曲を数曲とマンシーニのカルテット集からも何曲かやる。
マンシーニは4人では大変だが各パート2〜3人でやれば面白そう。
パガニーニとか(笑)

何故か夜中寝付けず、寝不足のまま今日(昨日?)は生徒さんのフリューゲルを選びに生徒さんと共に車で名古屋へ。

パキスタン・インドカレーをしこたま食べてから某楽器店に向かうと5本並んでいた。(この時点で夕食がカレーだとは...)
最初に目に入りその容姿に惹かれた1本があった。
他にも有名なメーカーばかり並ぶ中、実は行く前からその中で日本製の物を考えて居たのだが、生徒さん、吹いて慣れていくウチに最初に目が行った1本が良くなって行く。。。
個人的にはやはり日本製の物が持ち替える事を考えると良い印象なのだが、生徒さんは先ずはフリューゲルの音色に惹かれて個人的に楽しみたいと言う事で、一番柔らかい個性的、魅力的な音と外見を持つ1本に決定。

そこから、子供をピアノに送る為“高速を使って”帰宅.....が行かなくて良くなり、今選んで来た楽器がとっても気になり、またウチで吹く(笑)
太い音色と深い表情〜こいつは懐が深いかも。。
楽団で使うより個人で楽しむには色があり良いと改めて思う。
これがフリューゲル!て言う音。
持ち替え優先なら日本製〜いろんな意味で楽です。音も良い。
が、選んだ楽器は、なによりシルエットが良い(笑)
個人的には吹き比べた時最初は音は良いがコントロールが難しいかな?と感じたものの段々良くなる〜生徒さんも同じでした。
エガーのバロックトランペットに慣れて行く感じに似てるかな。。

さてこれもギリギリまで家に居て、ある楽団の練習のトレーニングに初出勤。
これから楽しみです。
また後日紹介、ご案内等致します。
今後の話を少しして帰宅。


食事したら即ダウン。
で先程目が覚めて〜多数のメールを確認。。
明日返事しますm(__)m

そう言えば、方向舎さんから録音が届いてました。
こちらもちゃんとお礼を伝えないといけません。
音の良い録音でした。
ありがとうございます。

マイ・エディロール負けてます。(笑)
断然、音色の倍音が多くて優しい音に録れてます。バロックトランペット〜やはり魅力ある楽器です。
こちらも持ち替える事より音色を考えて楽器とマウスピースを変えて2年半あまり、“音”の大切さを改めて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

早朝の月

早朝の月
不思議な感じ......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPのソロの録音追加とコンサートの御案内

ホームページを更新しました。

http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


4月の終りに行なったチェンバロとのコンサートの録音を少し掲載しました。
ライブの音源を音響も加工せずそのまま掲載しましたので、多少の傷やライブならではのやり過ぎ(笑)、雑音がありますが御容赦下さい。


また、5月の終りから東海地方で3公演行ないます。

是非聴いて頂けたらと思います。

ホームページには最終的に5公演の中からベター(ベストが出れば良いですが)な物を掲載予定です。

以下は以前の重複ですが御案内です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

チェンバロ奏者の岡田龍之介 氏とデュオのコンサートを行います。
バロックトランペットやチェンバロのソロを聴いてみませんか?


出演

バロックトランペット・松野美樹
チェンバロ・岡田龍之介

■5.31. 14:00〜

『やまでら音楽会』

☆芳友寺(愛知県豊田市)

会費 \2000-

☆プログラム

♪プレリュード〜テデウムより 〜シャルパンティエ

♪ソナタ ニ長調 〜ガブリエル


♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バがテル
神秘なバリケード

♪組曲 ニ長調 〜テレマン


♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪ソナタ集より 〜スカルラッティ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

曲順や曲目の変更があるかもしれません。

休憩を挟んだコンサートです。

お問い合わせは“芳友寺”
0565-41-2566まで

■6.1. 11:30〜
『ランチタイムコンサート』〜バロックトランペットとチェンバロの優雅な響き

☆宗次ホール(名古屋市栄)

入場料\1000-

プログラム予定

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲 ニ長調 〜テレマン

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪JSバッハ
プレリュード ハ長調

等...

こちらも1時間位のお話付きのコンサートです。
良い響きの中で昼食前の一時をいかがでしょうか?

チケットは是非に私まで!
お願いします!!
mail、SNSのメッセージ、HPからのmail、電話、、どれでもOKです!
http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


《MoO STUDIO 主催公演》
■6月2日 18:30〜(開場18:00)
『The Baroque Music Sound in The Church』
“豊橋教会にてバロック音楽をお話と共に。”

☆日本キリスト教団 豊橋教会(0532-52-0756)
(豊橋市八町通4-67)

入場料:一般2500円、高校生以下1000円

ヴァイオリンの大竹広治さんと共にバロックトランペットとヴァイオリン(モダン)のデュオも行ないます。

曲目は追って御案内します。
お問い合わせは、
MoO STUDIO〜 090-3963-0727 〜 office@MoOSTUDIO.jpまでお願いします。(もちろん私宛でも大丈夫です)


以上是非いらして下さい。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

今日の衝動買い

今日の衝動買い
四日市の物産館で。

青いフクロウが呼んだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入り

お気に入り
の水の一つ。

大きいボトルを見つけたので購入。

飲む場所の気候にも因るけど、少しトロリとした飲み心地が好きなミネラルウォーターです。

普段口にするのは珈琲か水か100%のジュース(リンゴかブドウがお気に入り〜特に混濁のリンゴあるメーカーの“赤葡萄”〜オレンジはお腹に来ます(>_<))
家に緑茶はありません(笑)
飲むと眠れなくなる.....


今まで一番美味しく感じた水は露西亜でのんだ、アクアミネラーレ?、日本では売って無いけど写真のドバイの水が一番近いかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

アシュリー


『人生は長さでなくどう生きるか...』

彼女の友達の言葉。


それを選ぶのは自分自身、さて自分はどれだけ生きられてるかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »