« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

プチ・ツアーその1を振り返り(長文)

プチ・ツアーその1を振り返り(長文)
プチ・ツアーその1を振り返り(長文)
プチ・ツアーその1を振り返り(長文)
金曜日に東京入りして、岡田さんと初めての合わせ。

デュオと言う形でご一緒させて頂くのは7年振り位である。

何回かやった曲、初めての曲。珈琲を頂きながらの談笑も含めて3時間程ゆっくりと合わせていく。
終わってから駅まで送って頂きホテルへ。

その日はフラッと財布に優しい鮨屋さんに行きホテルでゴ〜ロゴロ、合わせる回数が少ないのもあり、ゆっくりと合わせの音を聴きながらチェック、イメージを作る。
途中寝てしまい、結局ちゃんと寝たのは早くなかった。

この寝る時に、明日はまた最初は緊張するんだろうな...と考えて居た(緊張は付物)
コンサートの中盤辺りから訪れる落着きが最初からあれば良いのにと何時も思う...テンパってコントロールを誤るとバロックトランペットは“バテ”が突然来るから怖い。(たまに平気な時があるんだが何故か判らず)
クリスマスオラトリオをやった時などは人生で一番緊張した。

そんな事を考える中で数日前のある会での演奏を思い出す〜良い感じだった、なんでだろう?

あるコンサートの案内の為に訪れたのに、食事等のおもてなしを受けて恐縮しきって居たのだが、私が訪ねた事を喜んで下さって居る暖かな空気があり...演奏中も自分が自然体で伝えたい事を音にして居る感じであり、コンサートを本当に聴いて頂きたいと思いながら、同時に私の思いを皆さんが好意的に受けて下さった事に感謝して居た。(人の感情て空気で凄く伝わる)

ベッドの上で、これかな?
ふっと思う。
その感覚を思い出した途端に上手く吹かなくては、失敗したらどうしよう、バテ無いか?緊張してテンパったら...そんな緊張を呼ぶ感覚がすーっと消える感じがした。

翌朝、岡田さんの車で青木村に向かう。
お蕎麦やお菓子を頂いてから、テンポ等の確認の合わせを30分強。
本番まで後30分。
この辺りで緊張はピーク...にならない〜こう言う時はステージ上でフライトしてしまいがちだがどうも感覚が違う。
とにかく楽しみで早くやりたい。

お客さんも予定より10名以上多い中、テデウムの前奏曲でスタート。
緊張しない。
だから音も自然に響くし、集中もしているからバロックトランペットに付きまとう(トランペット全般かな)ミスへの恐怖も無く、話をしたら息が上がるかと言うとそうでも無く...いつも平然を装いながらドキドキするあの感覚が全く無し。

演奏にただ集中。
2点だけ心掛けて。

・“感謝”する事。
足を運んで下さって目の前にいらっしゃる聞き手、招聘して下さった方、共演者、そしてステージで演奏出来る事とそれを普段から支えてくれる人。誤解が無い様に言うと、“感謝”は“媚びる事では無い”。
音楽はちゃんと自分の感覚を共感して頂ける様に。


・無理の無い呼吸(最近見つけた感覚)〜慌てない。

この2っだけで後は音楽する事に身(感覚)を任せる。

始まる前から終わるまでここまで自然体に居れた事は無い。

もちろん完璧な演奏では無く、ミスもある(調子に乗り過ぎたり)し、ミスで無くても修正点はある。


この感覚をこの先いつも持てるかは解らないが、今まで闘ってしまっていた“緊張”が如何に“自分だけの思い”で作り出す物か改めて知った。

ステージに立った時にはもう緊張する必要は無い。
集中や緊張感は居るけど、自然体になれば良い。
成る為に日頃の努力が要る。

次の日の飯綱高原、だいだらぼっち小屋でも同じ感覚。
すぐ前にいるお客さんと一体感がある。

上記は、もちろん、自分のコントロールの問題だけで無く岡田氏の名サポートがあったからこそ。


2回のステージでの感想

☆表情が豊か
☆素朴で柔らかな音色
☆CDでは好きになれなかったバロックトランペットを生で聴いて好きになりました。

特に方向舎の社長さんの『柔らかいと言うより表情が豊かで真正面で聴いて居て幸せな気分になった』
〜氏はちょうどベルの目の前にいらした、音を出す前は窓を開けないと音が強過ぎるのではと心配されていた。

と、だいだらぼっち小屋の御主人の『喋って居る様に聞こえる』

と言う言葉が自分が目指すトコロに近く勇気を頂いた。


演奏のクォリティはまだまだやる事は沢山あるが、とても大きな感覚を得た気がするのは違うだろうか?

もう一つ、この1年聴いた仲間何人かのjazzライブが今回のステージの空気の元になって居る事も忘れてはならない。肩肘はらずそのままの自然体、その時の自分をそのまま。。見栄をはったり、媚びたり、ラッピングだけ立派な演奏で無く“そのまま”感謝と誠意を込めて(もちろん喜びや悲しみや全ての自分も)やる事が大切。


この旅を最初に声を掛けて下さった岡田さん、方向舎の皆様、私の申し出を自らのオーベルジュで実現して下さり、もてなして下さっただいだらぼっち小屋の御夫妻、そして足を運んで下さった皆様に深く感謝してさらに先に歩んで生きたい。
先ずは第2段に向けて。

(第1段の演奏からいろんな意味で傷の少ないのを近々HPにアップします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

青木村

青木村
青木村
青木村
着きました。


そして美味しいお蕎麦〜くるみを擦り甘く味付けた物に汁を交ぜて食べるくるみ蕎麦を頂きました。大きなたらの芽の天ぷらも等の山菜も。
最初は『えっ』と思いましたがくるみの甘さと蕎麦の香りが良いんです。
是非青木村に来たらお試しを!『ますだ屋』さんです!
そしてリハーサル。
軽くですが、後本番まで30分スタミナが気になります。


が物凄く楽しみ!!!!!

ワクワクしてます。
音も素敵な場所です。


詳しくはまたのブログで。

写真は客席から見える景色〜あいにくの雨ですがまたそれが風情がある。


読んで方向舎の皆様、岡田氏、そしてお客さんに“感謝”してステージへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

関西線で出発

関西線で出発
はるjrから貰い、月曜からひき始めた風邪が少しづつ楽になってきた。

まだ咳が残るが今日よりバロックラッパ・プチツアー第1段。

東京でチェンバロの岡田氏と合わせを行ない、明日、氏の車で青木村に向かう。
終了後は飯綱高原へ。
明後日本番。
月曜の朝早くに発ち昼から名古屋でチャイコの1812年のバンダ。
今回は2回だけ後は5月31から3連戦で。
バロックラッパでと言うか実質バロック音楽を主としてこれだけのコンサートを組むのは初めて。
(オケの特にバレエやミュージカル、アンサンブルではあるけど.....)

一つ一つは大きな会場では無いがお客さんの息使いが聞こえるコンサートばかり(ホールも室内楽様だったり)。

こう言うコンサートは全て見抜かれてしまうけど大好きである。
もちろん緊張は伴うがいろんな意味で演奏家を育てて貰えるし聞手にもこちらの息遣いが伝わる。
もう一つ、一段高い舞台より同じ高さに立ったり座ったり同じ地に居る方が違和感が無い。

20代にやらせて頂いた幾つかのサロンコンサートが今の自分の力になってる。
今回のプチツアーは大きな意味を持つ。

写真は荷物が多い為に乗ったJRのホームライナーから木曽川。


はるjr『韓国行くの?』

『まだ行かない』(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

宿題

宿題
よくできました。

でもなんでつくえのうえにあるのかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

バロックトランペット&チェンバロ〜コンサート案内 (追記)

先日御案内したバロックトランペットとチェンバロのコンサートの追加の御案内です。(HPにもチラシ等の情報を掲載して居ます。http://homepage3.nifty.com/haru-tp/)

先ずは非公開と記して居ました4/25のコンサートが一般公開でした。
行違いで私の所に情報が誤って届いてました。
もう間近ですが御案内をします。(売切れ間近です)


■4月25日
15:30〜開演(開場15:00)

『第17回 方向舎コンサート』
“春の野に響け、トランペット”
☆方向舎(長野県青木村村松1073-1)

会費:1000円

お問い合わせ:0268-49-3266(方向舎)hks@ued.janis.or.jp
曲目は芳友寺『やまでら音楽会』に準じます。


もう一つは、

《MoO STUDIO 主催公演》http://www.MoOSTUDIO.jp/ 

■6月2日 18:30〜(開場18:00)
『The Baroque Music Sound in The Church』
“豊橋教会にてバロック音楽をお話と共に。”

☆日本キリスト教団 豊橋教会(0532-52-0756)
(豊橋市八町通4-67)

入場料:一般2500円、高校生以下1000円

ヴァイオリンの大竹広治さんと共にバロックトランペットとヴァイオリン(モダン)のデュオも行ないます。

曲目は追って御案内します。
お問い合わせは、
MoO STUDIO〜 090-3963-0727 〜 office@MoOSTUDIO.jpまでお願いします。(もちろん私宛でも大丈夫です)

以下は前回と同様ですが御案内です(曲目に多少修正があります)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

チェンバロ奏者の岡田龍之介 氏とデュオのコンサートを5回程行います。
バロックトランペットやチェンバロのソロを聴いてみませんか?


出演

バロックトランペット・松野美樹
チェンバロ・岡田龍之介


■4.26. 14:00〜

『レクチュアーコンサート』
☆だいだらぼっち小屋(オーベルジュ)
(長野県飯綱高原)

会費\1000-


☆プログラム

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪ソナタ集より 〜スカルラッティ(チェンバロ)

等を予定しています。

1時間位のコンサートで来て頂いた方と対話しながら楽器の話なども出来ればと考えております。

お問い合わせは“だいだらぼっち小屋”026-239-2628まで

別途予約でそのまま泊れます!
食事が美味しい!!


■5.31. 14:00〜

『やまでら音楽会』

☆芳友寺(愛知県豊田市)

会費 \2000-

☆プログラム

♪プレリュード〜テデウムより 〜シャルパンティエ

♪ソナタ ニ長調 〜ガブリエル


♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バがテル
神秘なバリケード

♪組曲 ニ長調 〜テレマン


♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪ソナタ集より 〜スカルラッティ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

曲順や曲目の変更があるかもしれません。

休憩を挟んだコンサートです。

お問い合わせは“芳友寺”
0565-41-2566まで

■6.1. 11:30〜
『ランチタイムコンサート』〜バロックトランペットとチェンバロの優雅な響き

☆宗次ホール(名古屋市栄)

入場料\1000-

プログラム予定

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲 ニ長調 〜テレマン

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪JSバッハ
プレリュード ハ長調

等...

こちらも1時間位のお話付きのコンサートです。
良い響きの中で昼食前の一時をいかがでしょうか?

チケットは是非に私まで!
お願いします!!
mail、SNSのメッセージ、HPからのmail、電話、、どれでもOKです!
http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


以上是非いらして下さい。
また詳細が決まり次第案内を致します。

HPの方も重ねてご覧になって頂けますと幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

4/26〜飯綱高原でのコンサート

以前にも紹介したんですが、飯綱高原のオーベルジュ『だいだらぼっち小屋』でお話を交えたバロックトランペットとチェンバロのデュオのコンサートを行います。


飯綱高原はとても良い地で、観光がてら立ち寄って頂けたなら幸いです。
近くには戸隠もあり、蕎麦も美味しく(笑)戸隠神社(奥社)などは一度足を運ばれるとその自然の素晴らしさに心を奪われます。
会場の『だいだらぼっち小屋』は料理が素晴らしく別途予約を入れれば宿泊も可能〜隠れ家的な素敵なオーベルジュです。
高速代が1000円の今イチオシの地です!


以下、御案内です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

■4.26. 14:00〜

『レクチュアーコンサート』
バロックトランペット&チェンバロ

バロックトランペット・松野美樹
チェンバロ・岡田龍之介

☆だいだらぼっち小屋(オーベルジュ)
(長野県飯綱高原)

会費¥1000-


☆プログラム

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪プレリュード ハ長調 〜バッハ(チェンバロ)

等を予定しています。

1時間位のコンサートで来て頂いた方と対話しながら楽器の話なども出来ればと考えております。

お問い合わせは

“だいだらぼっち小屋”tel.026-239-2628

又は私までメッセージ、mail等にてお問い合わせ下さい。「chirashi.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

体育

体育
久しぶりにサッカーボールを蹴り、フリスビーをする。

のんびりしてると心地良い気候だが運動すると暑い...

最初の15分でまずこちらがバテて来てが黙って続行(笑)30分ではるjrがバテる〜が、近所の子を誘い4、50分まで粘り終了〜疲れた〜〜


ラッパ吹いてると体力使っている様で使って無いのは明らか。
全身使うと口の疲労の取れ方も変るかも。。(甘いか?)

そうそう、ボール等を使うと身体の左〜利き手、利き足:利き○の逆がぎこちないのが良く判る。

これを克服する過程とラッパの新しい技術やその他を克服するのは同じプロセス。
そこが判り、辿り着く場所が見えていればアプローチが少々違っても辿り着ける。

なんて考えながら帰って来た。
一休憩してさらって、PCに向わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

birthday

birthday
HARU-jrの風邪の為に無期延期のケーキ。

今日登場〜
いつも通りタン○゛ランのケーキをホール買い。
年5回のイベント(Xmasも)

ついに4並び.....複雑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

コンサート終了

昨日トランペットアンサンブルMIEの初コンサート終了。

ご来場下さった皆様本当にありがとうございました。


昨年の夏の吹奏楽コンクールの日に最年長メンバーのFさんと話を始め、自身のトラブル等でしばらく停滞して居たが11月にこのままでは進まないと始動。

5ヵ月で良くコンサートまで漕ぎ着けた。
正直、途中は本当に間に合うのか?
当日はコンサートが“コンサート”として成立するのか?
とても心配した時期もあった。

愛好家の方にとっては初めての試み。。


良いコンサートだったと思う。もちろん傷はあるけど、皆が集中して緊張してなおかつ楽しんで...ここまで行けるとは思っていなかった。。
皆さん本当に頑張りました。
賛同して参加してくれたメンバーに感謝したいし、きっと良い経験や刺激になったと思う。
お客さんも何とか100名を越えて少しアットホームな雰囲気の中温かく聴いて下さった。


指揮者やトレーナーの指示や指揮に合わせるので無く自分たちの内側から作り、コンタクトをとり、大編成合奏より一人一人が責任を感じ、緊張の中でステージに立つ〜愛好家の方立ちには楽器楽は先ずしみであるんだけど、より充実した楽しみや満足感が得られたのではないかと思う。

来年はもう少し仲間を増やして、今年は本番も少し前に出て引張る感があった自分はもっと裏方に回りたい。
(Mハイドンも何とか・汗)


まだまだ回っていくには克服しなければならない事があるけど是非続いて欲しい。


お客さん、お手伝いをして下さった方、メンバー、全ての方に感謝します。

昨夜は浜松のトランペットアトリエのパーティーからの3日分の疲れが出てダウン。
しかし何故か夜中に何度か目が覚め今日も今一つ〜そうであっても月末からのバロック・ラッパの曲目を練り直さないといけないし、他の仕事も...気は抜けないが充実して良い感じ。

追記、ホールの前の150席程はパイプイスだった〜そこにはどなたもいらっしゃらな.....最前列のど真ん中にたった一人“はるjr”がニコニコしながら座っていた(‐o-;)

やってくれた。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

パスタ2

パスタ2
賞味期限昨日までの明太子で“明太子スパゲティ”(笑)

昨夜は、TBのK君宅でcocktailのチラシ作り〜Illustratorを扱えるのがK君しかいなくて一番大変な作業をお願いしてしまいました。
メンバー3人と彼で話しながら進め、骨組が出来上がったトコロで御開き。

良い感じになりそうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

バロックトランペット&チェンバロ〜コンサート案内

4月後半から6月の頭にかけてチェンバロ奏者の岡田龍之介 氏とデュオのコンサートを5回程行います。
バロックトランペットやチェンバロのソロを聴いてみませんか?


出演

バロックトランペット・松野美樹
チェンバロ・岡田龍之介


スタートの4/25(長野県上田)は非公開のコンサートですが、


■4.26. 14:00〜

『レクチュアーコンサート』
☆だいだらぼっち小屋(オーベルジュ)
(長野県飯綱高原)

会費\1000-


☆プログラム

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪プレリュード ハ長調 〜バッハ(チェンバロ)

等を予定しています。

1時間位のコンサートで来て頂いた方と対話しながら楽器の話なども出来ればと考えております。

お問い合わせは“だいだらぼっち小屋”026-239-2628まで

別途予約をすればそのまま泊れます!
食事が美味しい!!


■5.31. 14:00〜

『やまでら音楽会』

☆芳友寺(愛知県豊田市)

会費 \2000-

☆プログラム

♪プレリュード〜テデウムより 〜シャルパンティエ

♪ソナタ〜未定

♪クープランの作品

百合の花開く
クーラント
手品
バガテル
神秘なバリケード

♪ソナタ1番 〜ヴィヴィアーニ

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ ニ長調 〜ガブリエル

♪JSバッハ
プレリュード ハ長調
メヌエット  ト長調
ボロネーズ  ト短調
アリア ト長調

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

曲順や曲目の変更があるかもしれません。

休憩を挟んだコンサートです。

お問い合わせは“芳友寺”
0565-41-2566まで

■6.1. 11:30〜
『ランチタイムコンサート』〜バロックトランペットとチェンバロの優雅な響き

☆宗次ホール(名古屋市栄)

入場料\1000-

プログラム予定

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク

♪ソナタ 〜ヴィヴィアーニ

♪組曲 ニ長調 〜テレマン

♪組曲(水上の音楽) 〜ヘンデル

♪JSバッハ
プレリュード ハ長調

等...

こちらも1時間位のお話付きのコンサートです。
良い響きの中で昼食前の一時をいかがでしょうか?

チケットは是非に私まで!
お願いします!!
mail、SNSのメッセージ、HPからのmail、電話、、どれでもOKです!
http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


■6.2. 夕刻 豊橋市内

まだ予定です。
殆ど決定ですが詳細はまた掲載します。

前の4回とは少し違ったコンサートになりそうです。

以上是非いらして下さい。
また詳細が決まり次第案内を致します。

HPの方も重ねてご覧になって頂けますと幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランペットアンサンブル三重・first concert

トランペットアンサンブル三重・first concert
もうこの週末ですが、
三重のトランペット愛好家の方たちを中心にソロとアンサンブルの演奏会を行います。

声を発したのは私ですが、良く訊かれる『生徒さんたちですか』の答はNOです。
生徒さんもいらっしゃいますが、親交のある方達とそのまた仲間.....せっかくラッパ吹いているのだからもっと交流を、そして演奏会をしながらお互いを刺激し合うのが趣旨です。
まだ、手探りで至らない点多々ありますが、所謂プロの中のしかも名手の集まりで無くてもこんなサウンドがするのか!て場所も幾つか発見される筈です。
一つの楽しみ方として感じ取って頂けないかと思います。

以下が詳細です。
チケットは私まで〜mail、またはSNSのメッセージ、HPからmailを送れます。
直接お電話でもOKです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


■Tumpet Ensemble MIE
 first concert

 2009.4.5.

開演 13:30 (開場13:00)

 会場:あさけプラザ
 (近鉄名古屋線 富田駅下車・徒歩15〜20分)
★059-363-0123


前半はピアノと共に、

♪トランペットヴォランタリー 〜クラーク
♪コンチェルトスタディ ゲディゲ
♪トランペット吹きの子守唄 〜アンダーソン
♪協奏曲より2楽章 〜Jハイドン
♪トランペット吹きの休日 〜アンダーソン
♪協奏曲より2楽章 〜Mハイドン
♪コルネット・カリヨン 〜ビンジ


後半は様様なトランペットアンサンブル〜バッハ、スザート、メンデルスゾーン世界のメロディー等、最大10人のアンサンブルです。

私のホームページにもプログラムを載せています。
http://homepage3.nifty.com/haru-tp/


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »